電子画像集第4弾『TOKYO STYLE』リリース!


2016年7月にリリースした『秘宝館』から始まったロードサイド・ライブラリー。『ラブホテル』、『おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち』と続いて、ついに第4弾『TOKYO STYLE』が完成!

『TOKYO STYLE』が最初の大判写真集として世に出たのが1993年。実際に撮影で東京都内を原チャリで走り回っていたのが1991年あたりだったから、今年はあれからちょうど25年、四半世紀。世界があれからますます不景気になり、不安定になって、貧富の格差が開いていることだけは確かだ。日本は前よりずいぶん暮らしにくくなったろうし、大災害にも襲われた。同時に多くのひとが前よりずいぶん消費欲にも、所有欲にも、勝ち組を目指そうという野心にも惑わされなくなってきた気がする。




オリジナルの大判写真集はもう古書店でしか手に入らないけれど(それも美本はまず見かけない)、文庫版はいまも絶版になることなく、ちくま文庫で販売中だ。それなのに電子書籍版を出させてもらったのは、ロードサイド・ライブラリーで試してきたPDFによる高解像度画像集というフォーマットに、僕の仕事では『TOKYO STYLE』ほどうまく適合するコンテンツはないと思ったから。ライブラリーを始めるときから、いつかはこれをやってみたいと考えていた、念願の一冊である。

これまでダウンロード版やUSB版で購入してくれたひとはおわかりかと思うし、この記事でもある程度は体験できるように、電子書籍版『TOKYO STYLE』の最大の特徴は「拡大」にある。キーボードで、あるいは指先でズームアップしてもらえれば、机の上のカセットテープの曲目リストや、本棚に詰め込まれた本の題名もかなりの確度で読み取ることができる。他人の生活を覗き見する楽しみが『TOKYO STYLE』の本質だとすれば、電書版の「拡大」とはその密やかな楽しみを倍加させる「覗き込み」の快感なのだ――どんなに高価で精巧な印刷でも、本のかたちではけっして得ることのできない。もちろん電書版でページ数に制限はないから、書籍版では掲載できなかった別カットもほとんどすべて収録してあるので、これは我が家のフィルム収納箱そのものと言ってもいい。なので前の3冊と同じく、812ページ、高圧縮技術を使用してなお600メガバイトに近いメガボリュームのデジタルリミックス版になっている。





ROADSIDE LIBRARY vol.004:TOKYO STYLE

都築響一 著

PDFフォーマット  全812ページ(585MB)
ダウンロード版 2,000円(税別)
特製USBメモリ版 3,500円(税別)+送料360円

【銀行振込をご希望の方】contact@roadsiders.comまで「お名前」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、ご連絡ください。

【クレジットカード・PayPal支払いをご希望の方】以下の「購入」ボタンよりお申込みください。

USB版の場合、お申込みいただきましたら事務局より注文確認のメールをお送りいたします。お申込みから1週間以内の発送を予定しています。ダウンロード版の場合も事務局よりダウンロード方法についてメールいたします。



オトナの漫画とテレビ番組に関する記事を書いて生活するライター。なんの飾り気もない寝室の居心地よさ。


片側5車線、高速道路も通るメイン・ストリートに面した古いビルに住む、ミュージシャン志望のアルバイト生活者。トラックが通るたびに部屋は揺れるが、すぐに慣れてしまったし、1階が24時間オープンのコンビニなのがとても便利。三畳しかない部屋は楽器とステレオでほぼ満杯で、布団を敷くスペースが足りない。考えた末、布団の半分を押し入れの中に敷き込んで寝ている。

四半世紀を隔てて甦った、100人近くの参加者たちのくらしを眺め返していると、さまざまな思いが胸をよぎる――

カタツムリよりもヤドカリのように

あのころは2年ほどの京都生活を終えて東京に戻り、雑誌に記事を書いて原稿料が入るたびにフィルムを買っていた。原チャリの足元にカメラバッグを置き、三脚を背中に背負って東京中を走り回って撮影した部屋が約100軒。それが京都書院から分厚い写真集になったのが1993年のこと。3年後の1996年には文庫本になって、と思う間もなく京都書院が倒産してしまい、7年経って筑摩書房から文庫となって再出発。そのたびに新しいあとがきを書いてきたが、まさかあの原チャリでふらふら走っていた日々から25年経ってもういちど、4つめの新しいあとがきを書くことになろうとは。


高校卒業後、ミュージシャンを目指して荷物を小さなバイクに積み、九州から1週間以上かかって上京した男性。郷里でそうだったようにまわりに緑が欲しくて、多摩川のそばに見つけたアパート。まだ音楽では生活できないので、郷里から一緒に上京したバンド仲間たちと毎日工事現場で働いている。部屋に家具らしい家具はひとつもない。必要なものは全部、床に並べておく。


都内でも有数の超高級住宅地、広尾に残る昔ながらの木造住宅。3万円かそこら出せば、風呂なしトイレ共同の三畳ひと間とはいえ見つけるのが難しくないのは、すぐそばの超高級マンションが月家賃百万以上という例も珍しくないだけに不思議な気分がする。若いデザイナーにの部屋主は帽子やアクセサリーをこつこつ作っては売り、日本舞踊と長唄を習ってストレス・ゼロ。「いままでたくさん引っ越したけど、トイレのついてるお部屋はひとつもなかった」と豪快に笑っていた。

最初の写真集は大判ハードカバーで1万2000円もしたから、文庫になって手軽に手に取ってもらえるようになったのはうれしかったが、たとえばコタツの上とか本棚の中味とか細かいところを見てほしいのに、どうしても図版が小さくなってしまうのが悔しかった。数年前から電子書籍の企画やお誘いはあったけれど、一般的な電子書籍のフォーマットでは、写真が大きくきれいに見えるかどうかは、読む側のデバイスによってしまう。デジタルデータなのだから、気になる部分を拡大して見たりといった、紙の本とはちがう見せ方ができるはずなのに、それが現状では意外に難しい。なにか方法はないかと悩んだすえに、去年とうとう「手づくり・手売り電子書籍」しかないと決断し、ROADSIDE LIBRARYをスタートさせることになって、ささやかではあるけれど、ようやく自分の思う本来の電子書籍のかたちで『TOKYO STYLE』を、こんなふうに甦らせることができた。

25年前に大判カメラで撮影したフィルムを今回はすべてスキャンし直し、退色や色かぶりを補正した、これはいわばデジタルリマスター版のTOKYO STYLEだ。全部で2ギガバイト近い、電子書籍としては非常識なサイズではあるが、そのぶんどの写真もかなりアップに耐えられるようになっている。気になる本、レコード、テーブルの上、冷蔵庫の中・・・いろんなディテールを覗き見してもらえたらうれしい。




学校近くに見つけた長屋式の木造アパートに住む、短大の女子学生。6畳ひと間、トイレ、風呂共同で家賃1万8000円。学校まで毎日自転車で通う。小演劇の熱狂的なファンで、壁は劇団のポスターや写真で埋め尽くされている。とにかく掃除、整理整頓が大の苦手なので、毎日のように学校の後輩が部屋の整頓と御飯づくりに来てくれるのがなにより大助かり。

1990年代初頭の日本とは、バブルが崩壊した時期だった。家賃100万円だった超高級マンションは60万円に下がったけれど、バブルのピークに家賃3万円だった木造アパートは、バブルが崩壊してもやっぱり3万円のままで、25年後のいまでも3万円のままだろう。景気や時代に影響されるのは「持てるひとびと」の暮らしであって、「持たざるひとびと」の暮らしはそんなに変化がない。所有しないことの強みはそこにあるので、本書に出ているような部屋はいまだってたくさん、そこらじゅうに見つかるはずだ。

とはいえこうして四半世紀ぶりに写真を見直してみると、変わったなあと実感する部分もたしかにある。テレビはブラウン管だったし、そこに室内アンテナもときどきついていたり、VHSビデオプレーヤーが組み込まれたテレビデオだったりもした。リモコンよりも「万能棒」が活躍していた部屋もあった。イケアもなかったから、家具はいまよりバラバラなテイストだったし、やたらと洋服の山や洗濯物が目立つのは、ユニクロみたいなファストファッションがなかった時代に、みんな服をもっと大切にしていたからだとも思う。

台所に新聞紙の束なんていまは見ないし、ファンシーケースのような昭和スタイルの家具もすでに絶滅状態だろう。ときどきトイレも撮影したが、この本にウォッシュレットはひとつも写っていない。パソコンもノートではなく箱形、そしてなにより携帯電話がここにはない。あるのは固定電話、留守電レコーダー、ファックス――これは僕らがインターネット・コミュニケーション時代に飲み込まれる直前の姿である。


携帯がないということは、SNSがないということ。だれかと話したかったら固定電話にかけて、つながらなければ留守電にメッセージを吹き込む。込み入った用件は紙に書いてファックスで送る。家に帰ってきたらそれを聞くか見るかして、相手に電話をかけ直す。LINEやツイッターのDMが携帯に届いて、すぐさま折り返さないと「既読スルー」と非難を浴びる、そういうスピード感に縛られてしまったいま、TOKYO STYLEの部屋にそこはかとなく漂う牧歌的な感覚は、実は部屋のシンプルさではなく、ライフスタイルのシンプルさにあるのではないかと、フィルムをスキャンしながら気がついた。SNSとは言うまでもなくソーシャル・ネットワーキング・サービスの略だが、ここにあるのは僕らがソーシャルなネットワークに組み込まれる以前の暮らし、ということでもある。






DJ見習い少年が住む三畳ひと間の木造アパート。トイレも風呂もついていないが、仕事が多い新宿から歩いて帰れるエリアで2万7千円という家賃は魅力的である。常人とは生活時間帯が正反対なので電話は持たず、ポケットベルで連絡はすます。呼ばれれば近くの公衆電話に走り、出たくなければ放っておく。ちなみにこの物件は番地がない、都心のエアポケット。住民登録ができないかわりに税金もない。

表現のデジタル化やインターネット・コミュニケーションがもたらした意識革命は決定的だし、僕自身その恩恵に頼って仕事をしているので、いまさら写真をデジタルではなくフィルムで撮ろうとか、電子書籍ではなく印刷本の写真集じゃなきゃいやだとか、あえて携帯を持たないとか、文章は原稿用紙に手書きとか、そういう人間になろうとは思わない。アナログからデジタルに変換された情報の総体が、この本なのだし。ただ、世の流れと一緒にスピードアップするのは簡単だけど、流れに抗してスピードダウンするのはとても難しい。

いつかふたたび、僕らは駆け足をやめて、ゆっくり歩くように暮らすことができるだろうか。25年前と現在と、狭い部屋の見かけはたいして変わらないかもしれないけれど、たくさんの部屋を見ているうちに、なんだかいまとは感覚の脈拍数が、精神のBPMがちがうように思えてこないだろうか。


東京というよりむしろ香港を思わせる駅前雑居ビルの中、四畳半ひと間の部屋に住むコンピュータ・プログラマー。風呂なし、トイレは各フロアにひとつ、使用時は自分のトイレット・ペーパーを持っていく。働くのは月に10日ほど、あとは酒とクラシック音楽と哲学書に浸る。毎晩のように通うバーから歩いて帰れる距離で、布団が敷けるだけのスペースがあればいい、だからこの部屋で充分という。


美術大学に通っていたころからの木造アパートに、そのまま住み続けているアーティスト。四畳半ひと間、風呂なし、トイレ共同だが、窓が隣家の広い庭に面していて、それほど閉塞感はない。このひと部屋で絵を描き、他の住人が出払う昼間には趣味のクラシック音楽を聴き、夜は立てかけたキャンバスの隙間に布団を敷いて寝る生活が、もう10年近く続いている。手前の洗面器がお風呂セット、これで銭湯に通う。


テレビのドキュメンタリー番組の制作で年の半分以上は海外生活。それもアフリカやアジアの奥地にひとりでビデオを担いで入り、現地でクルーを雇い2ヶ月、3ヶ月にわたる撮影旅行をこなすタフなフリーランス・カメラマン。だから東京のベースは出来るだけ安く、寝られればそれでいいというわけで電車の線路すぐ脇の、古びたアパートの一室を借りている。鍵もかけたことがないし、いつでも友達がひとりかふたり居候や留守番役に泊まっている。

なにしろ25年前に取材した本なので、登場してもらったひとたちのほとんどはずっと連絡がつかないでいる。「カタツムリでなくヤドカリであれ」と言ったのは生涯旅人だった寺山修司だが、オリジナルの写真集から文庫版が出る3年ほどのあいだに、本書の登場人物の9割近くはすでに引っ越してしまっていた。これだけの歳月を経たいま、みんないったいどこでどうしているだろう。もし本書を手に取る機会があって、登場してくれたご本人や、お心当たりのあるかたがいらっしゃったら、ぜひご一報いただきたい。そしてここでもういちど、おそらく最後の「あとがき」を書く機会に、登場していただいたすべてのみなさまにこころからの感謝を捧げる。どんなかたちであっても、どこにいても、日々を楽しんでくれていますように。




ファッションショーの運営をする会社に勤める男性。。ベッドの横には友達からもらった三輪車があるが、これはサイドテーブルの役目を果たす。飲み物を乗せるところもあり、ハンドルにぶら下がったコンビニ袋はゴミ箱代わりになるし、どこへでも引っぱって動かせるのが便利。


偶然、同じ部屋に住んでいた女性が本を見て連絡をくれて、『TOKYO STYLE』から18年後に撮影した写真! 電子書籍版で初収録される写真やエッセイも多数あり。


明治時代に建てられた、木造3階建て全70室の威風堂々とした下宿屋。学生あり、学生時代からずっと借りている人あり、お年寄りあり、セカンドルームにしている人あり、入居者はさまざま。共同便所、共同炊事場など館内すべて掃除が行き届き、きれいに保たれている。家賃は2万円前後と格安。火災への気配りはひとしお。毎晩管理人が「火の用心」と声を掛けながら廊下を回っているのなどは、現代の東京と思えない風情である。










2011年に取り壊されてしまった本郷館のフォローアップ記事も収録


ROADSIDE LIBRARY vol.004:TOKYO STYLE

都築響一 著

PDFフォーマット  全812ページ(585MB)
ダウンロード版 2,000円(税別)
特製USBメモリ版 3,500円(税別)+送料360円

【銀行振込をご希望の方】contact@roadsiders.comまで「お名前」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、ご連絡ください。

【クレジットカード・PayPal支払いをご希望の方】以下の「購入」ボタンよりお申込みください。

USB版の場合、お申込みいただきましたら事務局より注文確認のメールをお送りいたします。お申込みから1週間以内の発送を予定しています。ダウンロード版の場合も事務局よりダウンロード方法についてメールいたします。

電子画像集第3弾
『おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち』


『秘宝館』『LOVE HOTEL』に続く電子書籍シリーズ「ROADSIDE LIBRARY」第3弾が、ついにリリース。題して『おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち』。そう、2017年2月8日号で特集、予想をはるかに上回る反響を呼んだ北九州市若松のグランドキャバレー・ベラミの歴史と、そのステージを飾った踊り子や芸人たちの写真コレクションである。記事でも200点近い宣伝用写真(ブロマイド)をお見せしたが、今回は発掘されたプリントすべて、数にして約1400枚をすべて高解像度スキャンして掲載、前の2冊を超えて2ギガバイト!というメガ・ボリュームのダウンロード版およびUSB版デジタル写真集としてお届け!


ROADSIDE LIBRARY vol.03
おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち

都築響一・編 協力:古家しょう子、寺井到(RKB毎日放送)

PDFフォーマット  全1409ページ(2.0GB)+動画3本(300MB)
ダウンロード版 2,000円(税別)
特製USBメモリ版 3,500円(税別)+送料360円

【銀行振込をご希望の方】contact@roadsiders.comまで「お名前」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、ご連絡ください。

【クレジットカード・PayPal支払いをご希望の方】以下の「購入」ボタンよりお申込みください。

USB版の場合、お申込みいただきましたら事務局より注文確認のメールをお送りいたします。お申込みから1週間以内の発送を予定しています。ダウンロード版の場合も事務局よりダウンロード方法についてメールいたします。







USB版は前2冊とは趣を変えて、カード型USBをプラスチックケースに収納

(かつては従業員寮だった)ベラミ山荘をFさんが買ったとき、家の中にはさまざまな生活用品から、かつての住人たちの個人的な手紙類まで、膨大な量の物品がそのまま残されていた。キャバレーの備品もたくさんあって、半分途方に暮れながら整理していたところ、写真アルバムや店のマッチといった備品に混じって段ボール箱があって、開けてみたら写真プリントがぎっしり詰め込まれていた。

それはキャバレーのステージを飾った歌手や踊り子、芸人たちの宣伝用写真(ブロマイド)だった。




ほとんどがモノクロームのその写真には、精一杯の笑みやお得意のポーズを決めた、タキシードから半裸まで衣装もさまざまな女たちや男たちがいた。安っぽいプリントから生バンドの音楽や、ホステスの香水や、カクテルやタバコの匂いがムワッと立ち上ってくるようだった。いまから50年も前のことなのに。

段ボールから出てきた写真は、数えてみると約1400枚にのぼった。その1枚ずつをスキャンし、裏に書かれた名前を写していく。それは1960年代の夜へと続くタイムトンネルだった。






写真に写っているのは9割方が女たちで、それは時にドレスや着物をまとっていても、ごく少数の歌手や漫才をのぞけば、演じるのが「ヌードダンス」だからである。なかには名前とともに「ピンクヌード」「外人ヌード」「日劇スター」といった特長(?)や、「キャンドルヌード」「夜光ラクガキショー」「金粉ショー」「トップレスシンガー」「コミカルポルノ」「スネークベッドショー」などなど、印象的なキャッチフレーズを冠したダンサーもいて、いったいどんなワザが舞台で繰り広げられていたのか、気になってしかたがない。




なのに彼女や彼たちのことは、数人の歌手以外には、ネットで検索したくらいではひとりもヒットしない。こんなにも無名の踊り子たちがいて、日本各地にあった無数のキャバレーで、音楽と男の視線と酒とタバコの匂いに夜ごと肌をさらし、スポットライトを浴びていたのかと思うと、そしてその記録がまったく残されないままキャバレーとともに消えていったのと思うと、胸が締めつけられるようでもある。ほんのわずかな年月のうちに、僕らはどれほどの記憶を失ってしまったのだろうか。

(序文より)


高速全ページ・プレビュー!

キャバレー・ベラミは昭和34(1959)年のキャバレー絶頂期に開店、平成元年(1989)に廃業している(同じ年に有名な赤坂ニューラテンクオーターも閉店)。30年間にわたるその歴史を、ベラミ山荘オーナーとなったFさんは熱心に調査、その成果をメールマガジンで掲載させてもらったが、今回も『古家商のこと、ベラミのこと』『ベラミについてわかったこと』『年表』として完全掲載。さらに写真と共に発掘された当時の8ミリ映像も、動画ファイルとしてご覧いただける。


昭和のキャバレー世界をビジュアルで体感できる、これ以上の画像資料はどこにもないはず! マンボ、ジャズ、ボサノバ、サイケデリック・ロック・・・お好きな音楽をBGMに流しながら、たっぷりお楽しみいただけたらと願う。例によって本書は巨大なPDFファイル(+動画)。パソコン、タブレット、スマホなど、すべてのデバイスで特別のアプリ不要、コピープロテクトなしでお読みいただける。



ROADSIDE LIBRARY vol.03
おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち

都築響一・編 協力:古家しょう子、寺井到(RKB毎日放送)

PDFフォーマット  全1409ページ(2.0GB)+動画3本(300MB)
ダウンロード版 2,000円(税別)
特製USBメモリ版 3,500円(税別)+送料360円

【銀行振込をご希望の方】contact@roadsiders.comまで「お名前」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、ご連絡ください。

【クレジットカード・PayPal支払いをご希望の方】以下の「購入」ボタンよりお申込みください。

USB版の場合、お申込みいただきましたら事務局より注文確認のメールをお送りいたします。お申込みから1週間以内の発送を予定しています。ダウンロード版の場合も事務局よりダウンロード方法についてメールいたします。

電子画像集第2弾『LOVE HOTEL』ついにリリース!


「LOVE HOTEL」表紙

ROADSIDE LIBRARY vol.002 LOVE HOTEL:

PDFフォーマット  全483ページ 1GB
ダウンロード版 2,000円(税別)
特製USBメモリ版 3,500円(税別)+送料360円

【銀行振込をご希望の方】contact@roadsiders.comまで「お名前」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、ご連絡ください。

【クレジットカード・PayPal支払いをご希望の方】以下の「購入」ボタンよりお申込みください。


インテリア・デザインにおけるエロの極北、ラブホテル。セックスのためのホテルという空間は、なにも日本だけでなく世界各地に存在する。しかし円形の回転ベッドだとか、「パートナーがお風呂に入っているのを寝ながら見るための透明バスタブ」だとか、「いろんな使い方ができるブランコ」だとか、短時間の性行為のための場所という本来の目的から大きく逸脱した、ユニークとしか表現しようのない独自の空間へと変異している例は、世界広しといえども日本にしか存在しない。そしてもちろん我々は、要求される機能を完璧に満たすのがクラフトであり、要求を超えた無用無意味の領域に踏み込んでいくのがアートだという基本原理を、忘れてはならない。


新風営法などでいま絶滅の危機に瀕しつつある、遊びごころあふれるラブホテルのインテリアを探し歩き、関東・関西エリア全28軒で撮影した73室! これは「エロの昭和スタイル」だ。もはや存在しないホテル、部屋も数多く収められた貴重なデザイン遺産資料。『秘宝館』と同じく、書籍版よりも大幅にカット数を増やし、オリジナルのフィルム版をデジタル・リマスターした高解像度データで、ディテールの拡大もお楽しみください。

円形ベッド、鏡張りの壁や天井、虹色のシャギー・カーペット・・・日本人の血と吐息を桃色に染めあげる、禁断のインテリアデザイン・エレメントのほとんどすべてが、ここにある!


高速全ページ・プレビュー!

ラブホテルを撮影した写真集はもともと Street Design File vol.17 の『Satellite of LOVE ラブホテル・消えゆく愛の空間学』 として、アスペクト社より2001年に刊行されました。そのあと2008年に少し小さな判型になって再版されましたが、それも長く版元品切れのまま・・・。なので今回、vol.1『秘宝館』と同じく、書籍版では掲載できなかったカットを大幅に増やし、しかもすべてのフィルムをスキャンし直した、デジタル・リマスター・バージョンです。






全73室でちょうど1ギガバイト! 『秘宝館』よりはやや少なめですが、それでも通常の電子書籍の数百倍! もちろんこちらもPDFで特別なアプリ不要、コピープロテクトもかけていません。どうかお好きなように、お好きなデバイスでご覧ください。

巻末に掲載していますが、いまから15年以上前の取材時のまま、インテリアが生き延びているラブホテルは、わずかに3~4軒。すでに閉店してしまったホテルも少なくありません。もはやこの電子書籍でしか味わえない珠玉のエロティック空間デザイン、483ページのボリュームでたっぷりお楽しみください。


2016年現在の悲惨な現況報告


チェンマイのレッドローズ・ホテル

そしてさらに! 今回は特別付録として、以前このメルマガでも紹介した「タイのラブホテル」も掲載。チェンライ、チェンマイ、バンコクの3都市から、日本式ラブホ・スタイルの南国式展開もご覧いただけます。こちらも他のメディアではなかなか見ることのできない、レア・アイテム。豪華スパリゾートなんかより、はるかに楽しそうです!


こちらがUSB版

PDFフォーマット  全483ページ 1GB
ダウンロード版 2,000円(税別)
特製USBメモリ版 3,500円(税別)+送料360円

【銀行振込をご希望の方】contact@roadsiders.comまで「お名前」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、ご連絡ください。

【クレジットカード・PayPal支払いをご希望の方】以下の「購入」ボタンよりお申込みください。

全777ページ驚異の電子画像集『秘宝館』好評販売中!


「秘宝館」表紙


サンプル版PDF(67.6MB)


ROADSIDE LIBRARY vol.001 秘宝館:

PDFフォーマット 全777ページ 1.8GB
ダウンロード版 2,000円(税別)
特製USBメモリ版 3,500円(税別)+送料360円
※リリース記念特別価格より価格改訂しました。

【銀行振込をご希望の方】contact@roadsiders.comまで「お名前」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、ご連絡ください。

【クレジットカード・PayPal支払いをご希望の方】以下の「購入」ボタンよりお申込みください。

『ROADSIDE LIBRARY』は週刊メールマガジン『ROADSIDERS’ weekly』から生まれた新しいプロジェクトです。2012年から続いているメールマガジンの記事や、その編集を手がける都築響一の過去の著作など、「本になるべきなのに、だれもしようとしなかったもの」や、品切れのまま古書で不当に高い値段がついているものを中心に、電子書籍化を進めていきます。

電子書籍といってもROADSIDE LIBRARYは、Kindle、kobo、iBooksなどの電子書籍用の専用デバイスや読書用アプリケーションに縛られない、PDF形式でのダウンロード提供になります。なのでパソコン、タブレット、スマートフォン、どんなデバイスでも特別なアプリを必要とせずに読んでいただけます。コピープロテクトもかけないので、お手持ちのデバイス間で自由にコピーしていただくことも可能です。

いまだに発展途上にある電子書籍では、さまざまなデバイスやフォーマットが乱立しています。本を読む前に、まずアプリをダウンロードしなくてはならなかったり、「印刷本のようにページがめくれる」というような無用の仕掛けのためにデータが重くなったり、プロテクトをかけることによって友人にプレゼントすることもできなかったり。ある意味では読者を自分たちのシステム内に囲い込もうとする、電子書籍業界のやりかたに深い疑問を抱いたことが、「PDFでのダウンロード販売」というかたちの選択に結びつきました。

これまでずっと本を作ることを仕事としてきたのですから、「印刷本の存在感」に愛着がないわけはありません。精緻な印刷で豪華大判作品集にできたらという思いが消えることはありませんが、経済的な問題はもちろん、そのような「願望」よりも、「いま出さねば!」という切羽詰まった思いのほうがはるかに強くなったことが、電子書籍の自費出版に踏み切ることになった最大の動機です。それだけ、いまの出版業界で「好きな本を好きなようにつくる」ことが困難になった、ということでもあります。

いま、写真家のほとんどはフィルムでなくデジカメで撮影しているはずです。カメラのディスプレーで画像を確認し、そのデータをパソコンにコピーして調整して仕上げる。言ってみればモニター上の画像が、作家にとってのオリジナルであり、それを四色分解して紙に印刷するのは、どれほど高精度なオフセットであっても、劣化コピーにすぎません。文章も同じこと。文筆業にたずさわるほとんどの人間が、もはや原稿用紙に手書きではなく、パソコンのワープロやテキストエディターで文章を書いているでしょう。ですから撮影者であれ、書き手であれ、もっとも作者に近づけるのは印刷というプロセスを経た紙上ではなく、ディスプレー上であるとも言えます。

メールというかたちで直接お届けするROADSIDERS’ weeklyとまったく同様に、ROADSIDE LIBRARYは出版社も印刷所も、取り次ぎも書店も、電子書店すら介さずに、作り手と読み手を直接に結びつける試みです。印刷することもなく、中間業者もなく、配送費すら必要ない――それが、できるかぎり制作費を安く抑え、世界のどこでも同じ値段で購入できることにつながります。

すでに創刊5年目に入り、200号を越えたいまも毎週ぎりぎりで発行し続けているROADSIDERS’ weeklyのように、ROADSIDE LIBRARYも完全な「手作りデジタル本」として、なんとか冊数を重ねていきたいと願っています。どんなペースで発行していけるのか、まだまったくの未知数ですが、メールマガジンと同様、とうてい一冊の印刷本には収まらない「データの大海」を楽しんでいただけたら幸いです。
(『秘宝館』巻末より)

『秘宝館』全ページ、超高速プレビュー!

1993年頃から去年あたりまで、もう20年間以上も秘宝館の取材を続けてきて、これまでに撮影した秘宝館は北海道から九州嬉野まで11館になります。そのうち、いまも残っているのは熱海秘宝館と、伊香保女神館の2館にすぎません。

書籍としての写真集では、当然のことながら膨大なカットのうち、ほんの一部しか掲載できませんでしたが、今回は電子版ということで、これまで断腸の思いで落としていたカットも一挙収録。『秘宝館』は全777ページという、印刷ではとても望めないボリュームのデジタル写真集になりました。もちろんオールカラー。しかも! そのすべてのカットがかなりの拡大に耐えられるような、通常の電子書籍よりもはるかに高解像度のデータなので、気になるディテールがあればクローズアップしてご覧いただけます。

秘宝館の取材に通ったのは1990年代が多く、つまりその多くはフィルムでの撮影でした。なので今回は掲載するすべてのカットをスキャンし直した、音楽でいえば「オリジナル音源からのリマスター」。すでにある書籍をデジタル・フォーマットに流し込む、通常の電子書籍とはまったく異なるプロセスで制作されています。

僕自身の単行本でも、最近は『ヒップホップの詩人たち』から『圏外編集者』まで、出版社ごとに電子書籍版が販売されるようになってきましたが、そのすべてはテキスト中心の書籍でした。ロードサイド・ライブラリーはあくまでも画像中心で、それも現在の電子書籍の常識をはるかに超える高解像度。なので必然的に一冊のデータサイズも巨大になっています。

いま、僕らが読んでいるふつうの電子書籍は、小説だと1.5MBかそこら、長い漫画でも100~200MBほどです。今回の『秘宝館』は777ページで約1.8GB! メガじゃなくてギガ! つまりふつうの電子書籍の百~千倍くらいのボリューム! 当然ながら、こんな常識外れの「電書」を扱ってくれるオンラインブックストアは世界中どこを探してもありえないので、ロードサイド・ライブラリーは特設ウェブショップからの直販だけで、当面スタートします。また、今回は特に第1号記念として、特製のかわいいUSBメモリもご用意しました。



キーホルダーとしても利用可能! 真ん中を押すとライトが光ります。

ROADSIDE LIBRARY vol.001 秘宝館:

PDFフォーマット 全777ページ 1.8GB
ダウンロード版 2,000円(税別)
特製USBメモリ版 3,500円(税別)+送料360円
※リリース記念特別価格より価格改訂しました。
目次:
イントロダクション『秘宝館の記憶』
北海道秘宝館
野生の王国・東北サファリパーク
HIHOKAN 夢
伊香保 命と性ミュージアム 女神館
鬼怒川秘宝殿
熱海秘宝館
元祖国際秘宝館
元祖国際秘宝館鳥羽館・SF未来館
お山公園
別府秘宝館
嬉野武雄観光秘宝館
ROADSIDE LIBRARY 発刊にあたって

【銀行振込をご希望の方】contact@roadsiders.comまで「お名前」「ご住所」「お電話番号」を明記の上、ご連絡ください。

【クレジットカード・PayPal支払いをご希望の方】以下の「購入」ボタンよりお申込みください。

お問い合わせ:contact@roadsiders.com

絶版コーナー

NADiffにて限定販売中!

NADiffショップサイトへ

TOKYO STYLE

名作"TOKYOSTYLE"の最初の文庫化は、いまはなき京都書院から。

1997 / 京都書院 / 文庫 / 1,575円(税込)

ローカル Roadside Japan 珍日本紀行リミックス版

都築響一、大竹伸朗 著
写真と絵画、グラフィックの驚愕のリミックス。デザインは北川一成。
2001 / アスペクト / 248×246mm / 120頁 / ソフトカバー / 8,400円(税込)

ROADSIDE JAPAN ―珍日本紀行

『珍日本紀行』150回以上分を一冊に凝縮した、画期的な総集編。秘境は君のすぐそばにある。
2001 / アスペクト / 254×248mm / 435頁 / ソフトカバー / 10,500円(税込)

イメクラ オリジナル版

2003 / Amus / 2,310円(税込)

FACEBOOK

BOOKS

ROADSIDE LIBRARY vol.004
TOKYO STYLE(PDFフォーマット)

書籍版では掲載できなかった別カットもほとんどすべて収録してあるので、これは我が家のフィルム収納箱そのものと言ってもいい

電子書籍版『TOKYO STYLE』の最大の特徴は「拡大」にある。キーボードで、あるいは指先でズームアップしてもらえれば、机の上のカセットテープの曲目リストや、本棚に詰め込まれた本の題名もかなりの確度で読み取ることができる。他人の生活を覗き見する楽しみが『TOKYO STYLE』の本質だとすれば、電書版の「拡大」とはその密やかな楽しみを倍加させる「覗き込み」の快感なのだ――どんなに高価で精巧な印刷でも、本のかたちではけっして得ることのできない。

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.003
おんなのアルバム キャバレー・ベラミの踊り子たち(PDFフォーマット)

伝説のグランドキャバレー・ベラミ・・・そのステージを飾った踊り子、芸人たちの写真コレクション・アルバムがついに完成!

かつて日本一の石炭積み出し港だった北九州市若松で、華やかな夜を演出したグランドキャバレー・ベラミ。元従業員寮から発掘された営業用写真、およそ1400枚をすべて高解像度スキャンして掲載しました。データサイズ・約2ギガバイト! メガ・ボリュームのダウンロード版/USB版デジタル写真集です。
ベラミ30年間の歴史をたどる調査資料も完全掲載。さらに写真と共に発掘された当時の8ミリ映像が、動画ファイルとしてご覧いただけます。昭和のキャバレー世界をビジュアルで体感できる、これ以上の画像資料はどこにもないはず! マンボ、ジャズ、ボサノバ、サイケデリック・ロック・・・お好きな音楽をBGMに流しながら、たっぷりお楽しみください。

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.002
LOVE HOTEL(PDFフォーマット)

――ラブホの夢は夜ひらく

新風営法などでいま絶滅の危機に瀕しつつある、遊びごころあふれるラブホテルのインテリアを探し歩き、関東・関西エリア全28軒で撮影した73室! これは「エロの昭和スタイル」だ。もはや存在しないホテル、部屋も数多く収められた貴重なデザイン遺産資料。『秘宝館』と同じく、書籍版よりも大幅にカット数を増やし、オリジナルのフィルム版をデジタル・リマスターした高解像度データで、ディテールの拡大もお楽しみください。
円形ベッド、鏡張りの壁や天井、虹色のシャギー・カーペット・・・日本人の血と吐息を桃色に染めあげる、禁断のインテリアデザイン・エレメントのほとんどすべてが、ここにある!

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.001
秘宝館(PDFフォーマット)

――秘宝よ永遠に

1993年から2015年まで、20年間以上にわたって取材してきた秘宝館。北海道から九州嬉野まで11館の写真を網羅し、書籍版では未収録のカットを大幅に加えた全777ページ、オールカラーの巨大画像資料集。
すべてのカットが拡大に耐えられるよう、777ページページで全1.8ギガのメガ・サイズ電書! 通常の電子書籍よりもはるかに高解像度のデータで、気になるディテールもクローズアップ可能です。
1990年代の撮影はフィルムだったため、今回は掲載するすべてのカットをスキャンし直した「オリジナルからのデジタル・リマスター」。これより詳しい秘宝館の本は存在しません!

SHOPコーナーへ


捨てられないTシャツ

70枚のTシャツと、70とおりの物語。
あなたにも〈捨てられないTシャツ〉ありませんか? あるある! と思い浮かんだあなたも、あるかなあと思ったあなたにも読んでほしい。読めば誰もが心に思い当たる「なんだか捨てられないTシャツ」を70枚集めました。そのTシャツと写真に持ち主のエピソードを添えた、今一番おシャレでイケてる(?)“Tシャツ・カタログ"であるとともに、Tシャツという現代の〈戦闘服〉をめぐる“ファッション・ノンフィクション"でもある最強の1冊。 70名それぞれのTシャツにまつわるエピソードは、時に爆笑あり、涙あり、ものすんごーい共感あり……読み出したら止まらない面白さです。

amazonジャパン


圏外編集者

編集に「術」なんてない。
珍スポット、独居老人、地方発ヒップホップ、路傍の現代詩、カラオケスナック……。ほかのメディアとはまったく違う視点から、「なんだかわからないけど、気になってしょうがないもの」を追い続ける都築響一が、なぜ、どうやって取材し、本を作ってきたのか。人の忠告なんて聞かず、自分の好奇心だけで道なき道を歩んできた編集者の言葉。
多数決で負ける子たちが、「オトナ」になれないオトナたちが、周回遅れのトップランナーたちが、僕に本をつくらせる。
編集を入り口に、「新しいことをしたい」すべてのひとの心を撃つ一冊。

amazonジャパン


ROADSIDE BOOKS
書評2006-2014

こころがかゆいときに読んでください
「書評2006-2014」というサブタイトルのとおり、これは僕にとって『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』(2008年)に続く、2冊めの書評集。ほぼ80冊分の書評というか、リポートが収められていて、巻末にはこれまで出してきた自分の本の(編集を担当した作品集などは除く)、ごく短い解題もつけてみた。
このなかの1冊でも2冊でも、みなさんの「こころの奥のかゆみ」をスッとさせてくれたら本望である。

amazonジャパン


独居老人スタイル

あえて独居老人でいること。それは老いていくこの国で生きのびるための、きわめて有効なスタイルかもしれない。16人の魅力的な独居老人たちを取材・紹介する。
たとえば20代の読者にとって、50年後の人生は想像しにくいかもしれないけれど、あるのかないのかわからない「老後」のために、いまやりたいことを我慢するほどバカらしいことはない――「年取った若者たち」から、そういうスピリットのカケラだけでも受け取ってもらえたら、なによりうれしい。

amazonジャパン


ヒップホップの詩人たち

いちばん刺激的な音楽は路上に落ちている――。
咆哮する現代詩人の肖像。その音楽はストリートに生まれ、東京のメディアを遠く離れた場所から、先鋭的で豊かな世界を作り続けている。さあ出かけよう、日常を抜け出して、魂の叫びに耳を澄ませて――。パイオニアからアンダーグラウンド、気鋭の若手まで、ロングインタビュー&多数のリリックを収録。孤高の言葉を刻むラッパー15人のすべて。

amazonジャパン


東京右半分

2012年、東京右傾化宣言!
この都市の、クリエイティブなパワー・バランスは、いま確実に東=右半分に移動しつつある。右曲がりの東京見聞録!
576ページ、図版点数1300点、取材箇所108ヶ所!

amazonジャパン


東京スナック飲みある記
ママさんボトル入ります!

東京がひとつの宇宙だとすれば、スナック街はひとつの銀河系だ。
酒がこぼれ、歌が流れ、今夜もたくさんの人生がはじけるだろう、場末のミルキーウェイ。 東京23区に、23のスナック街を見つけて飲み歩く旅。 チドリ足でお付き合いください!

amazonジャパン