SPECIAL
『コラアゲンはいごうまんx都築響一 トーク&ライブ』から、特選ネタ『走れ、ピンクランナー!』

5月11日 渋谷SARAVAH東京での、『コラアゲンはいごうまんx都築響一 トーク&ライブ』から、特選ネタ『走れ、ピンクランナー!』全編! 岐阜県恵那市で取材された、笑いと涙の長編物語です。


(58分40秒)※ログインすると閲覧できます

【関連記事】2012/05/02号 Vol.017
コラアゲンはいごうまんの夜
http://www.roadsiders.com/backnumbers/article.php?a_id=50

SPECIAL
多田裕美子写真展「山谷の男の肖像」記念トーク動画


(59:27)※ログインすると閲覧できます

6月19日から7月8日まで浅草・鈴楼で行われた山谷の「オフィシャル・カメラマン」こと多田裕美子さんの写真展の記念トークイベントの模様を会員の皆さまにご提供いたします(6月30日収録)。バックナンバーと合わせてご覧いただきますとより深く楽しめます。

地霊:多田裕美子と山谷の男たち(2012年06月13日 配信号 収録)
http://www.roadsiders.com/backnumbers/article.php?a_id=68

SPECIAL
「福井良之助 孔版画展」に際しての、ギャラリー石榴@青山でのトーク


(1時間33分46秒)※ログインすると閲覧できます

反抗者としてのガリ版画家(2012年07月04日 配信号 収録)
http://www.roadsiders.com/backnumbers/article.php?a_id=80

SPECIAL
銭湯へ行こう!
~吉永マサユキ写真集『SENTO』発売記念トークショー
吉永マサユキ + 根本敬 + 都築響一 
公開対談@ロフト・プラスワン 完全収録動画!

いまから20年ほども前に大阪市内の銭湯で撮影された、吉永マサユキの最初期作『SENTO』。このほど奇跡的に写真集として陽の目を見たのは、先月のメルマガでもご報告したとおり。


写真集『SENTO』。イキな手拭い貼りの装丁、全5種類(唐草・かえる・金魚・うさぎ・青海波)から好きなのを選べるというデザインも楽しかったですね。いまも発売元ウェブサイトなどから購入可能

http://dokei.jp/?pid=37893476

その出版を祝って去る4月12日に歌舞伎町ロフト・プラスワンで開催された公開対談を、写真集発売元の東京キララ社およびロフト・プラスワンのご厚意により、ロードサイダーズ・ウィークリー購読者のみの特典として、まるごとご覧いただけることになりました。 

収録時間、約2時間! ビールやウーロンハイを傾けつつ、唐揚げやポテトにも手を伸ばしつつ、写真集に写しだされたふやけチンチンそのままに、ふやけつつもスリリングな展開となった抱腹絶倒トークショー。あまりにも長いので前・後編にわけてお送りしますが、みなさまも風呂入りながら・・・ではのぼせちゃうので、酒とつまみをご用意のうえ、のんびりじっくりお楽しみください。武闘派カメラマン・吉永くんの「暴れん坊アシスタント時代」話とか、最高ですから!


【前編】1時間05分30秒 MP4データ(296MB)※ログインするとダウンロードできます

1993年、写真家として独り立ちを志した当時、自らのルーツに立ち返り撮り始めたのが、銭湯につかる人々だった…。やくざの組が軒を連ねるハードコアなエリア・大阪十三に生まれた吉永マサユキが語る、自身の過激でデタラメな少年時代と、写真との出会い。その後の写真家としての方向性を決定づけながら、20年経った今ようやく写真集としてまとまった曰くつきの1冊『SENTO』が10倍楽しめる爆裂トーク。


【後編】55分44秒 MP4データ(322MB)※ログインするとダウンロードできます

3人の仕事に共通するのは、対象への限りない愛とリスペクト。誰がやってもいいことだけど、誰もやらないから俺がやる! 彼らの現在進行中のライフワークとは…? 吉永マサユキの"あの大物写真家"との因縁話も必聴。

SPECIAL
妄想芸術劇場・ぴんから体操展トークイベント
都築響一×リリー・フランキー@銀座ヴァニラ画廊

[告知2]でお知らせしたように、先週土曜日に盛況のうちに終了した銀座ヴァニラ画廊「ぴんから体操展」。ロードサイダーズ・ウィークリーでは、購読会員特典として、去る8日火曜日に開催されたリリー・フランキーさんとの公開対談の模様を、動画でお見せします。

トークは1時間半ほどにも及びましたが、今回は話の流れの中から、ぴんから体操にかかわるイイ話を選んで、15分ほどのダイジェストにまとめてあります。もちろん、来週になってもちゃんと見れますので、じっくりご覧ください!


【対談動画】14分18秒 MP4データ(138MB) ※ログインするとダウンロードできます

ピカソのようにつぎつぎ変化させる作風、圧倒的なボリューム、1点1点の作品の集中力、日の目を見ることのなかった超一流のテキスト群。投稿イラスト職人「ぴんから体操」の20年にわたる膨大な作品群を前に、その独特の世界とエネルギーをリリー・フランキーと都築響一が思う存分語り合う。

FACEBOOK

BOOKS

ROADSIDE LIBRARY vol.002
LOVE HOTEL(PDFフォーマット)

――ラブホの夢は夜ひらく

新風営法などでいま絶滅の危機に瀕しつつある、遊びごころあふれるラブホテルのインテリアを探し歩き、関東・関西エリア全28軒で撮影した73室! これは「エロの昭和スタイル」だ。もはや存在しないホテル、部屋も数多く収められた貴重なデザイン遺産資料。『秘宝館』と同じく、書籍版よりも大幅にカット数を増やし、オリジナルのフィルム版をデジタル・リマスターした高解像度データで、ディテールの拡大もお楽しみください。
円形ベッド、鏡張りの壁や天井、虹色のシャギー・カーペット・・・日本人の血と吐息を桃色に染めあげる、禁断のインテリアデザイン・エレメントのほとんどすべてが、ここにある!

SHOPコーナーへ


ROADSIDE LIBRARY vol.001
秘宝館(PDFフォーマット)

――秘宝よ永遠に

1993年から2015年まで、20年間以上にわたって取材してきた秘宝館。北海道から九州嬉野まで11館の写真を網羅し、書籍版では未収録のカットを大幅に加えた全777ページ、オールカラーの巨大画像資料集。
すべてのカットが拡大に耐えられるよう、777ページページで全1.8ギガのメガ・サイズ電書! 通常の電子書籍よりもはるかに高解像度のデータで、気になるディテールもクローズアップ可能です。
1990年代の撮影はフィルムだったため、今回は掲載するすべてのカットをスキャンし直した「オリジナルからのデジタル・リマスター」。これより詳しい秘宝館の本は存在しません!

SHOPコーナーへ


圏外編集者

編集に「術」なんてない。
珍スポット、独居老人、地方発ヒップホップ、路傍の現代詩、カラオケスナック……。ほかのメディアとはまったく違う視点から、「なんだかわからないけど、気になってしょうがないもの」を追い続ける都築響一が、なぜ、どうやって取材し、本を作ってきたのか。人の忠告なんて聞かず、自分の好奇心だけで道なき道を歩んできた編集者の言葉。
多数決で負ける子たちが、「オトナ」になれないオトナたちが、周回遅れのトップランナーたちが、僕に本をつくらせる。
編集を入り口に、「新しいことをしたい」すべてのひとの心を撃つ一冊。

amazonジャパン


ROADSIDE BOOKS
書評2006-2014

こころがかゆいときに読んでください
「書評2006-2014」というサブタイトルのとおり、これは僕にとって『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』(2008年)に続く、2冊めの書評集。ほぼ80冊分の書評というか、リポートが収められていて、巻末にはこれまで出してきた自分の本の(編集を担当した作品集などは除く)、ごく短い解題もつけてみた。
このなかの1冊でも2冊でも、みなさんの「こころの奥のかゆみ」をスッとさせてくれたら本望である。

amazonジャパン


独居老人スタイル

あえて独居老人でいること。それは老いていくこの国で生きのびるための、きわめて有効なスタイルかもしれない。16人の魅力的な独居老人たちを取材・紹介する。
たとえば20代の読者にとって、50年後の人生は想像しにくいかもしれないけれど、あるのかないのかわからない「老後」のために、いまやりたいことを我慢するほどバカらしいことはない――「年取った若者たち」から、そういうスピリットのカケラだけでも受け取ってもらえたら、なによりうれしい。

amazonジャパン


ヒップホップの詩人たち

いちばん刺激的な音楽は路上に落ちている――。
咆哮する現代詩人の肖像。その音楽はストリートに生まれ、東京のメディアを遠く離れた場所から、先鋭的で豊かな世界を作り続けている。さあ出かけよう、日常を抜け出して、魂の叫びに耳を澄ませて――。パイオニアからアンダーグラウンド、気鋭の若手まで、ロングインタビュー&多数のリリックを収録。孤高の言葉を刻むラッパー15人のすべて。

amazonジャパン


東京右半分

2012年、東京右傾化宣言!
この都市の、クリエイティブなパワー・バランスは、いま確実に東=右半分に移動しつつある。右曲がりの東京見聞録!
576ページ、図版点数1300点、取材箇所108ヶ所!

amazonジャパン


東京スナック飲みある記
ママさんボトル入ります!

東京がひとつの宇宙だとすれば、スナック街はひとつの銀河系だ。
酒がこぼれ、歌が流れ、今夜もたくさんの人生がはじけるだろう、場末のミルキーウェイ。 東京23区に、23のスナック街を見つけて飲み歩く旅。 チドリ足でお付き合いください!

amazonジャパン